広報・くらしの活動

氏名  田中 ほのか

部署名 企画組合員課

入組年 2021年

香美地区

  • 現在の業務は何ですか。
  • 現在は香美地区の広報業務を担当しており、地区の行事やイベント、農業に関することを取材し、広報誌「こうぐり」や日本農業新聞、JA高知県のSNSへ送稿しています。 今年からは業務の幅が広がり、食農教育「あぐりふれんど☆クラブ」の事務局も務めます。
  • (働くうえで)あなたが大切にしていることはなんですか。
  • 広報活動の中で出会った組合員や地域の方との交流をできるだけ続けていくことです。 取材後、地域の行事やイベントでお会いした際には、必ず自分から声掛けをして顔を覚えてもらいます。そうすることで、次の取材につながる情報を教えてもらったり、別の方を紹介していただけたりと、交流する幅が広がっていくことを実感しています。
  • どのような時にやりがいを感じますか。
  • 組合員や職員から「今月の広報誌良かった」と言ってもらえた時です。 広報には“正解”がないため、きちんと伝わっているのか、地区の魅力を表現できているのか、などと不安になることもあります。また、自分の中で納得いくものができないときには力不足を感じることもあります。そんな中、組合員や職員からの「良かったよ」という声で、今までやってきたことが報われたような気がして、「広報をやっていて良かった」という気持ちになります。
  • (働いて)あなたが成長したなという点や出来事などはありますか。
  • 仕事を任されることが増えたことです。初めの頃は目の前にある仕事だけで精一杯でしたが、最近では周りの先輩から自分を頼ってもらえることが増え、そのおかげで出来ることも増えました。
  • 今後の目標はなんですか。
  • もっとたくさんの新しいことに挑戦し、JA高知県や地区の魅力をアピールしていきたいと思います。また、日頃助けてもらっている先輩方のように、今後入組してくる後輩たちの頼りになる先輩になりたいです。